もともと血圧が低く、日常的に立ちくらみがしていました。

妊娠をきっかけにその貧血に拍車がかかりました。

妊娠中は、初期の頃には葉酸サプリを飲み、その後は医師に処方された鉄剤を服用していました。

しかし鉄剤を飲むと、とてもひどい便秘に悩まされました。

妊娠中は、貧血と便秘が大きな課題だったのを覚えています。

出産後、夜中の頻回授乳による寝不足や育児疲れによって常に頭がクラクラしているような感覚で、果たして貧血なのか疲労なのか分からないような状態でした。

病院で相談したところ、しばらく医師の指示で鉄剤を飲むことになりました。

立ちくらみは少し改善されたものの、やはり便秘で苦しい思いをしました。

少しずつ産後の体力も回復したところで、鉄剤の服用をやめました。

母乳育児と言うことで、手伝いに来てくれていた母がバランスの良い食事を三食用意してくれ、自分でも体調が良い自覚がありました。

育児にも慣れた頃、貧血や立ちくらみで困った記憶は特にありません。

しかし子供が大きくなってきて少し自分にも余裕が出来てきた頃、また立ちくらみに悩まされるようになりました。

子供が卒乳したことで食事にあまり気を使わなくなった事や、育児の慣れから張り詰めていた糸が切れたからだと思います。

しかしこんな事で病院を受診する時間もお金も…とためらわれました。

そこで、日々の生活の中で何か取り組めることはないかと考え、やはり食事に鉄分を取り入れるのが一番手っ取り早いと思いました。

まずは、手軽に始められるプルーンのジャムやヨーグルト、ドリンクなど、どれかひとつを毎日食べてみることにしました。

スーパーなどで気軽に購入でき、また鉄剤のように便秘にもならないので、苦にならず続ける事が出来ました。

また、ほうれん草やレバーなど鉄分を多く含む食べ物を意識して摂るようにしました。

果たしてこれが貧血にどれだけ効果を発揮しているのかは定かではありません。

貧血は今も頻繁にありますし、病院で改善されているか検査を受けたわけでもありません。しかし、気休めかも知れませんが、鉄分の多い食材は積極的に選ぶようにしています。