仕事で立っていて下のものを拾おうと下を向いたときに目の前が真っ暗になって前に倒れそうになってしまいます。

酷いと頭が揺れるような感じもします。

いつどんな時にクラっとなるのかがわからないので自分でも身構えることがほぼできない状態です。

風邪をひいて熱が出た時にはさらに貧血状態が現れやすいです。

顔から血の気が引いて唇真っ青でトイレに起きた時にはそのまま倒れてしまうこともしばしばです。

対策を講じるのが難しいのですが、やはり食べ物で何とか鉄分を補う方法がいちばんてっとり早いと思います。

プルーンを毎朝1粒でもいいから食べること、どうしても食物から摂れない場合は鉄分配合のジュースを飲みます。

意外と鉄分のジュースは効き目があると思います。毎日1本飲めば1日の鉄分摂取量が摂れるものが沢山出ています。

飲み続けることで貧血症状が少しずつ改善してきたように思います。

でも気を良くしてやめてしまうとすぐに貧血症状の眩暈や立ち眩みが出てきます。

なのでできる限り絶やすことなく鉄分入りジュースを飲むようにしています。

後はレバーが良いといわれていますが、私はレバーが苦手なので他の肉を食べるようにしています。

肉にも貧血によい鉄分ヘム鉄が多く含まれているんです。

なので、肉を焼くだけででもいいし面倒ならコンビニやスーパーで焼き鳥とか肉のお惣菜を買ってきます。

気を付けていても突然貧血症状は起きてしまうので、どうしても防げそうもないと思ったら病院に行くのが一番お勧めです。

貧血の薬、鉄剤を処方してもらってしばらく飲み続けると貧血も改善に早くつながると思います。

食物や飲み物で摂っても中々効果って出にくいものなので貧血症状がきつくてどうしようもない時にはやはり病院での検査と薬で早めに治療するのが一番です。

薬をもらうことで自分も安心できますし、薬がなくなったころにも打ち度病院に行って検査してもらえば治っているのかもわかります。

まだ治療が必要ならもう少し薬を飲めばいいと少し医者任せにして気持ちを楽にするのが貧血改善の近道かもしれません。